直線上に配置

Yamaha YTR-8335RGS




最新のXenoはリヴァース
ヤマハのトランペットと言えば、オールド・ファンにとってはシルキー・スタイルのリヴァース・スタイルのメイン・クルーク。
6310Zなど、まんまシルキーな楽器は有りますがオリジナリティと言う点では???
NHK交響楽団Tp奏者の佛坂氏とのコラボレーションで生まれたのが、RGSと言えます。
まんまバックな、Xenoの中にあってこの楽器こそが、最初のコンセプトに合っていると思うのは私だけでしょうか?
「重厚な音色だが重くなく軽く鳴る…」
優等生過ぎるとの声も聞こえますが、こんなもんでしょう。


直線上に配置